防災用品の備蓄は出来ている?!企業や会社の防災用品の必要性!!

防災用品の備蓄は、企業や会社では用意しておかなければならない備品です。ここでは、防災用品を揃える大切さやお勧めの購入方法についてご紹介します。

企業や会社には生活日用品は常備されていない

企業向け防災用品

企業や会社には、自宅のように生活日用品の備えはありませんよね。自宅であれば生活日用品の備蓄に関しては特に考える必要はありません。特に日用品を追加して揃えなくても常備されている為、防災用品としての備蓄を検討しなくても用意があります。例えば、寝具、衣類もそうですし、食料に関してもある程度ストックしてある食品はありますよね。他にも、大工道具、救急箱、調理器具、洗面用品も該当します。このように、自宅では主に生活日用品以外で備蓄が必要な防災用品について検討して備蓄すれば良いのです。
しかし、企業や会社の場合はそう言う訳にはいきません。基本的に、生活用品の備蓄は企業や会社には無いのが当たり前です。簡単な救急箱やお茶を飲む程度の飲料水であればストックがあるかも知れませんが、他にも防災用品として必要な寝具用品、避難生活用の着替え、洗面用品等、備蓄されてはいませんよね。企業や会社で防災対策を考える場合には、実際に災害被害に遭った後の生活について、色々と状況を推測して備蓄しておく事が必要なのです。

企業や会社で必要な防災用品の備品・備蓄について

企業向け防災用品

企業や会社における防災の目的には、大きく2つの目的があります。まず、一つは災害被害を最小限に抑える為の「防災」、もう一つは運営活動を維持する事と早期回復に備える事業継続です。企業や会社はこのどちらの目的もしっかり守る事が大切で、その為の備品や備蓄をする必要があるのです。

防災用品の目安

防災用品の備品や備蓄の目安としては、基本、発災後3日間の従業員・来社中の取引先、顧客が生活困難にならない為の備えを用意しておく必要があります。しかし、災害被害の影響と言うのは3日間のみであるとは言い切る事は出来ませんよね。なので、多くの企業や会社は3日分以上分の備えを備蓄しており、余裕を持った備蓄の用意をしておく事が防災用品の備えとして理想的です。
東京都の防災対策に対する制定には、正規、非正規等の雇用形態に関わらず、勤務する全従業員の生命を守る事を提唱しています。災害はいつ起こるか分からないのでもしもの非常事態時に備えて必要な人数の防災用品を備えておきましょう。

押さえておきたい防災用品

1.生命の要「水と食糧」

水についての基礎知識
水分の確保については、目安として約三日から一週間分の備蓄が必要です。飲料水は、一人当たり一日3ℓが目安になっています。なので、会社や企業でも従業員の飲料水の確保をしておく事が大切です。災害が発生してから三日程経過すると、被災地域への支援物資が届くようになるので、その間の水分の確保は必須です。
食糧の種類について
食糧の非常食については、やはりお腹に溜まる主食となる食糧が大切です。非常食については「アルファ米」「クラッカー」「乾パン」「カップ麺」等が食品として挙げられます。賞味期限については、3年から5年間程度保存出来るものを選ぶようにし、必要な非常食を揃えておく事がお勧めです。最近の非常食は味が美味しい非常食も多く、機能性にも優れた食品も多く販売されているので、色々なタイプの食品をストックしておく事がお勧めです。

2.緊急用の医薬品

災害時に何かと助かる医薬品が「胃腸薬」です。避難生活を送っていると、やはり精神的にも肉体的にもストレスや疲労が溜まったり、水道が止まる事で水も使用出来ない事等から清潔な環境が確保出来なかったり、お腹を壊す人も多いです。そんな時に胃腸薬を常備しておけば安心です。他にも、このような災害環境の中で風邪をこじらせて発熱する場合もあります。そういった時に備えて「解熱剤」の用意があると役に立ちます。

3.その他必要性の高い物資

災害時には、住居が崩れたり収納家具が破損したりして衣類の確保が出来ない事もあります。衣類の備えが無いと、避難生活では入浴する事が出来ないままでの生活を余儀なくされる場合もあり、不衛生なままの衣類を着用しながら過ごす事になります。なので、防災用品と一緒に必要最低限の衣類も備えておく事が大切です。
必要最低限な衣類を常備する際のポイントは、防寒に優れていたり動きやすかったりする衣類がお勧めです。例えば、スポーツウェア上下セット、3日分の下着、2部式のレインスーツ等があると便利です。これらの事に配慮して、最低三日間は着ましする事が出来るよう常備するのが目安です。

このように…

災害が発生した場合には、企業や会社に勤めている従業員やその場に居合わせる来客者の安全を確保する事が第一優先です。企業や会社では、しっかり従業員や来客者の生命を守る事が必要なのです。なので、普段からいかに企業や会社で防災用品をしっかり備えられているかが重要になってきます。従業員や来客者を安全な場所へ避難する為の場所の確保、災害時の水や食糧の備蓄、薬等、必需品を必ず備蓄しておきましょう。これら全ての防災用品を揃える事は一見難しいように思えるかもしれませんが、個人のデスクに最低限の防災用品を備えておいたり、代替品を探しておいたりしておく等して万が一の事態に備えてあると安心です。

防災用品を購入するならインターネット通販がお勧め

企業向け防災用品

出入り業者を利用すると?

企業や会社では、職場に出入りしている防災用品を取り扱っている業者が存在する事があります。なので、その業者から防災用品を購入する方が発注の手間も省けて便利なのではないかと思う方も少なくありません。しかし、実は、実際に業者が取り扱っている防災用品は主に事務用品が中心で、そこまで防災関連のグッズが揃っていない場合が多い事が現状です。なので、必要な防災用品を揃えようと思った際に、意外に準備に苦労をする事になったり、防災用品の販売価格に関しても平均の実売価格よりも少し高めに設定されていたり、経済的にもお得であるとは言い切れないのです。

インターネット通販が支持されている理由とは?

品揃えが豊富で目的の防災用品を探し出す事が出来る
インターネット通販では、便利に欲しい防災用品を探して購入する事が出来ます。例えば、非常食を購入する場合、近くの商業施設やデパート等の防災用品コーナーで購入するか、出入り業者等から防災用品のカタログを取り寄せて購入する方もいますよね。しかし、このような場合、市場に数多く出回っている防災用品の内の一握り程度しか販売されていないのが実際です。 しかし、インターネット通販を利用すれば豊富な種類の防災用品を見て購入する事が出来ます。例えば、非常食を購入する場合でも、豊富な種類の保存食を一覧で見る事が出来、商品の説明や価格比較も簡単にする事が出来ます。商品の種類が豊富な分、色々な食品を購入して備蓄する事が可能なので、バリエーション豊富な食品を備えておく事も出来ます。
流通コストが省かれ価格もリーズナブル
実店舗で購入した場合には、建物の維持管理費、人件費、運搬費と言った費用が掛かっているので、どうしても防災用品の価格設定が割高になっています。その点、インターネット通販であれば、このような流通コストを大きく割愛する事が出来ているので、防災用品の価格もお得な価格設定になっています。
購入の手間が省けて発注がお手軽に出来る
例えば、商業施設や出入り業者で販売していない防災用品がある場合、他の店舗に探しに行く必要がある場合もあります。また、購入したい防災用品があっても、実店舗の場合、荷物がかさばって持ち帰りも大変だったり、出入りの業者から購入する場合も、購入したい防災用品リストを作成しなければいけなかったり、値引き要請をしたり、色々と手間も掛かってきます。インターネット通販で購入すれば、パソコン一台あればいつでも注文する事が出来、在庫状況もその場で分かるので、お手軽に発注する事が出来ます。